腰痛体操

椅子に座ったまま簡単にできる体操のやり方を紹介します!

椅子を使う

簡単にできる3分腰痛解消法と言うのが有ります。 そのやり方は、まず浅くコシかけて左右どちらか、片方の膝を伸ばします。

次に、前屈のように伸ばした片方の足に両手を沿わせながら徐々に上体を前へ倒し、太ももの裏が突っ張るまで伸ばし、これ以上伸ばすと痛いと感じる直前の位置でストップして、その姿勢を約30秒キープします。

反対の足の方も同様にストレッチしますが、ここで注意点することとして、痛みを感じたら無理に伸ばそうとしないでそこで止める事です。くれぐれも無理をしてまでは、やらないでください。

その2

同じく浅くコシ掛けた状態で、片方の膝の上に反対の脚のかかとをのせて、床についている足の膝頭を両手で掴み、ゆっくり上体を前に引きつけていきます。

これでお尻のあたりの筋が伸びているのを感じたらそのままで30秒キープしましょう。反対側も同じ様にストレッチしてください。

その3

腰のストレッチで、同じく両足を肩幅より少し狭く広げた状態でいすに座り、上体を初めに右にひねります。このとき、左手で右足の外側を掴んで引き寄せさらに右にひねっていき、左側のコシ周りに伸びを感じたらやはりその姿勢をキープして30秒静止します。反対も同様にしましょう。

効果

これらの解消法の3つを実行する事により、トリガーポイントと呼ばれる痛みの原因、引き金になっている所の周辺の筋肉を伸ばし、血行を良くして解消されるという事です。

意外と思われるかもしれませんが、普通に立っている状態に比べ座っている姿勢は、腰にかかる負担が1.4倍になるといわれています。ですから長時間車に乗っていたときなど良く腰が痛くなるという理由が納得できますね。

対策

ほかにも対策として骨盤体操がありまして、立った状態で肩幅に両足を開いて腰に両手をあて、腰をそらせます。

その状態で腰を左右にゆっくり回すという簡単な方法も解消法のひとつです。 そのほかは、仰向けで、上体は動かさず腰から下だけを左右交互にひねるストレッチがあります。

背筋をストレッチする方法として、まず仰向けに寝て膝を抱え、そのまま上体を起こし背筋をゆっくり伸ばすというのも効果的と言える方法です。

基本は、血行をよくする運動ということになりましょう。

原因

一つの原因としては、毎日の仕事やスポーツ、習慣化された悪い姿勢などで筋肉がダメージを受けて、ダメージを受けた部分の血液の循環が低下して老廃物が溜まるようになります。

老廃物が溜まると血行は更に悪くなり、血液の一つの働きである細胞への酸素の供給が十分にできず細胞が活性化されません。つまり、酸欠となり筋肉内に硬いしこりができてしまいます。

硬くなったしこりができたところには、痛みを特に強く感じる箇所(トリガーポイント)が出てきて、その影響で所に限らず離れた場所まで鈍い痛みが出るようになってしまいます。

病院

しかし、傷みがひどい場合や、これらをしても軽減されない場合には、我慢しないで医療機関を受診しましょう。

ただの疲れとおもったら椎間板ヘルニアだったり、場合によってはガンと言うこともないとはいえません。骨粗しょう症の人でクシャミをしてからイタミが出て、しばらくしてから医者に見てもらうと、軟骨がつぶれていたと言う人もいます。

症状が起こるのは2足歩行の人間だけとも言われています。つまり、人間である限りは切っても切れない縁があるということです。

腰痛体操のやり方を実行して上手に予防していきましょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター