TBSテレビショッピング事業

司会者やアナウンサー(女子アナ)の人気でも視聴率は左右されそれによってチャンネルをかえられてしまうこともあると言います。

TBSといえば、テレビやラジオ、赤坂、はなまるマーケット、ピンポン、ドラマなどが思い浮かびますね。しかし、最近普及してきたというか人気となってきたテレビショッピングにも参入しています。

TBSはこの事業に対しても、力を入れつつあるといった感じで、たのTV局の成功を黙って見ているはずもなく、マルチメディアの戦略を取っているといいます。

TVやラジオとネットを融合させれば強力な体制が取れるわけです。 ですから、最近はいくつも放映しています。

TBSにおける問題

しかし、TBSに限らずスポンサーとの兼ね合いという問題も有ります。販売する人気商品が、スポンサーと対立する商品では困りますね。

事業者が局のスポンサーになっているとかぶることは出来ないし、メーカー独自の販売チャンネルを持っていたりします。化粧品のスポンサーがついているもので他のメーカーの化粧品を販売する事は出来ないですからね。

このあたりの問題をクリアしないと、むずかしいと思います。

ショッピングと通販

少し前の話になりますが、元ライブドアのホリエモンがフジTVを買収という事が有りましたがこのフジTVにはニコスの通販事業があるからともいわれています。

つまり、今までの収益性よりも事業として活用した場合の収益性の方が多いと思ったのではないでしょうか。

TVとネット

堀えもんのようなIT関係の人たちの間では、インターネットに対して今後も優位な状況を維持できるとは考えていないようです。

スポンサーとの関係で中途半端になるのではということらしいです。

通販業者の隆盛

今後地デジが普及し今のTV形態とインターネットの融合が可能になると、業者の隆盛は更に高まっていきます。

そうした中で、メディアとしての自らの立位置を認識しなければ、企業としての収益性を高める事は出来ないでしょう。

楽天

インターネットを使ったものといえば楽天といえるほど、楽天は通販を明らかに成功させています。

楽天は、単にネットというだけでなくて、そこからもう一歩踏み出し一般の物販業者を巻き込んで成功していると言えます。

実は今のTV局と全く同じことを行なっているだけで、放送とインターネットとの違いだけです。

TBSが、お取り寄せ程度の物品販売事業に終始している限り、楽天のような成功は期待できません。TBSが番組を作りスポンサーに売るというより、その枠を通販業者に販売することも必要ではないでしょうか。

TVショップを収益性の高い事業に変えるためには、従来のようにスポンサー頼りの収益体質を改め、自社で収益性を出すという事を考える必要があるではと思います。