フラダンススカートとは

踊るときの衣装として考え出されたもので、多くは鮮やかな花柄色でウエストがゴムとなっています。伝統的な踊りでは、ココナッツブラに天然椰子の腰ミノをつけて踊ると言うのが本来の衣装と言う話ではあります。

画家で有名なゴーギャンは、タヒチに6年間滞在し、13歳のタヒチの娘テフラを題材に数々の作品を残していますが、腰ミノをつけている女性は出てきません。

フラダンススカートとパウスカート

パウスカートと現地で呼ばれているのがこれで、ウエストは丈夫なゴムになっていて、ウエストがグッと引き締められて、その下がふわっと広がった形をしています。南国の国のものらしく大きな花などが鮮やかにプリントされたものが多く、華だけでなく鳥や草など、アロハシャツの柄を思って絵いただければ想像がつくと思います。

専用といってもその他に落ち着いた柄のものや伝統的な文様を施されたもの、レイヤーな感じで重ねられたものなど、色々な柄がありタイプがあります。

フラダンススカートを手作り

作りは簡単で生地があれば簡単に縫製できそうですが、すそが広がるフレアーの部分やウエストのゴムの部分が手間がかかりそうです。

インポート物などネット通販で購入しても5千円から6千円くらいからとそんなに高いものではないので、どうしても手作りしたいかた以外は、購入した方が早そうです。

フラガール

最近のの人気はフラガールと言う映画のせいもあるのでしょうが、踊らなくても普段に着るアイテムとしても便利だと思います。

Tシャツでもいいし水着の上からさっときても似合いそうです。本格的なものは張りがなくなるからドライ指定のものもありますが、洗濯が可能のものも多く、これからの季節手軽に着れるのも良いと思います。

サイズ

見ての通りウエストがゴムで出来ていますので、基本的にはフリーサイズになります。身長に合わせて丈のサイズをあわせればよいと思います。気をつけるのはものによってウエストのゴムはきついものもありますので、長く着用するとゴムの跡がつくことは考えておく必要があります。

ネット通販

ハワイが本場ですから、手に入れるにはネット通販が便利です。

しかし通販と言う便利さゆえ売り切れる場合もたた有りますので、通販ショップを調べてお気に入りのものがあれば早めに購入しておく事をお勧めいたします。

今年の夏は、流行すると言う人もいますので、映画「フラガール」のことも考えますと早めに動いた方が無難でしょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター