シミの種類 そばかす(雀乱班)

そばかす(雀乱班)は細かい粒状の色素班です。遺伝的傾向が強いといわれ一般的には3歳ころから出始めて、思春期に目立つようになります。

そばかすの予防法としては、紫外線を避け日射しの強い日には日光にできるだけ当たらないこと、さらにビタミンCの豊富な食べ物を取ることがも有効です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着・年齢や性別を問わずに出来る褐色のシミです。ニキビや化粧品などで炎症を起こし、治った後に出来、自然に治る事も多いと言われていますが、紫外線で悪化する事もあります。

治療は紫外線をさけることが大切ですが、特に、炎症後色素沈着では遮光が重要な対策です。

老人性色素

老人性色素班・種類としては最も多いもので、顔だけでなく腕や背中、デコルテなど肌の露出している部分に多くでやすいと言われています。露出している部分に多い種類と言うように紫外線が大きな原因といわれています。

かんぱん

かんぱん・左右対称に出来るのが特徴とされ頬骨や額の辺り口の周辺にでき、反対に眼の周りには出来ない、色が抜けたように見えるのが特徴です。

妊娠後や口径避妊薬の服用などで誘発や悪化することから女性ホルモンと関係があると考えられています。レーザー照射で悪化することもありますので注意が必要です。

シミの基礎知識

いまさら人には聞けない基礎知識です。
原因としてもっとも大きなものは紫外線です。紫外線を浴びた肌はそれ以上浴びて肌に害を受けないようにメラニン色素を生成し肌を黒くして肌を守ろうとします。つまり原因であるメラニンは肌の防御反応として起こるということです。

紫外線が減れば、メラニンを生成する必要がなくなるので肌は元の色に戻るのですが、年齢的な問題やホルモンバランスの崩れなどにより、メラニン色素を作らなくても良いのに作る続けてしまう。それがシミの正体です。 ですから、作らないようにするには、メラニン色素を作らない、紫外線に当たらない、という事になります。

ですから、対策は夏だけでなく1年中意識してUVケアを怠らないようにする事、更に種類にもよるのですが、ビタミンC・βカロテン・ビタミンE・L-システイン・ポリフェノール・カテキン・トラネキサム酸などからだの中から働きかける成分の摂取も必要です。






  • 楽天ウェブサービスセンター