結婚式のあれこれ

服装は、いったいどのようなものがふさわしいのでしょうか?迷うことも多いとおもいますが、マナーを守りタブーを犯さないようにしましょう。一口に言いましても時間帯や形式で、ふさわしいものが求められます。

結婚式のタブー

タブーといえば皆さんご存知のように白は花嫁の色であるためマナー違反以前の問題です。白いスーツを着てくる男性はいないと思いますが、女性は白でなくても白に近い色は避けた方が賢明でしょう。

身内の、まして自分の息子や娘の時には、女性であれば着物の方が良いとされています。

着物

どちらかといえば洋服よりも着物のほうが格が高いといえますが、未婚女性であれば当然ですが振袖を、既婚女性ならば留め袖というのがマナーです。

着物でも洋服でも差し支えないのですが、披露宴の場所から出席者の年齢層やつながりも考えて、出席する人たちに不快感を与えないようなものを考えたほうが良いでしょう。

結婚式の服装のマナー

出席するときに選んだ場合、昼の披露宴と夜の披露宴とではマナーが違ってきます。昼の披露宴の時には、明るいうちにするのですから肌の露出が少ないドレッシーなワンピースやスーツなどを選ぶのがルールです。

身に付けるアクセサリー類もあまりきらきら光るものや派手に見えるものはつけないで、肌が出るノースリープなどのものにはショールやストールを使用して、肌を見せないようにするのがマナーといえます。

夜の披露宴

夜の披露宴の時に選ぶ場合は、イブニングドレスが正装になり、昼とは違って背中や胸が開いているドレスがマナーに即しているといえます。アクセサリー類も昼とは反対にドレスに華やかさをプラスするようなゴールドなど派手なもので演出しましょう。

平服

招待状に「平服で」という一言がある時もあります。こういうと普段着と思う人もいるかと思いますが、まさかTシャツにジーパンといういでたちで出席する人はいないでしょう。普段着という意味ではなく、振り袖やロングドレス、モーニングやタキシードなどでなくてもいいという意味ですから、お間違いなく。

逆に平服の場に正装しすぎて行くと周りの雰囲気とそぐわなく、浮いてしまう事になりかねません。ですからこのような場合、普段着よりもちょっと華やかなスーツやワンピースで出席するのが良いでしょう。

披露宴

最近では、ここでという概念はなくなりつつあり、色々なところでする人たちも多くなっていますので、その会場によっても異なるようです。

例えばレストランなどで行う場合は、用意された披露宴会場で行う時よりもカジュアルなスタオルですることが多いと思います。当然、新郎や新婦も式に合わせた格好をしますので花嫁よりも目だつようなマナー違反は慎みたいものです。

ですからあらかじめ、花嫁さんや花婿さんにどんな感じか聞いておいた方が良いかもしれません。

屋外

また屋外でするガーデンウエディングなどのパーティの場合は、屋外という事で天候により、風にあおられてしまうような軽い生地のスカートやストールは気になって、せっかくの料理や雰囲気を楽しむどころではなくなってしまいますので、この辺も考えて選ぶと良いと思います。

ガーデンウェディングの場合には、紫外線対策として、ツバのある帽子をかぶってもマナー違反にはなりませんので、選ぶ時には帽子もあわせた選び方を楽しんで見るのも良いのではないでしょうか。

最後に

このように結婚式の服装は、その形式や立場などに合わせて、和か洋、色などを選び新郎や新婦らに失礼のないように考えたいものです。






  • 楽天ウェブサービスセンター