ぽっこりおなか 悩み

ぽっこりおなかを悩みにしている人は多いことと思います。下腹を直したいとダイエットやエクササイズでがんばったのに、ここだけはなかなか落ちないという女性も多いかと思います。

ぽっこりの原因

毎日の腹筋運動や効果のある矯正下着も試したのに、簡単には解消しません。

こんな悩みを抱える女性葉多いと思いますので、ここでは、原因とその対処法、引っ込ませるのに効果的な方法を探っていきます。

下腹

まず、気になる部分はどこなのか見ていきます。 お腹と言われる部分は横隔膜から下の部分で、更に上腹部と下腹部に分けることができます。

上腹部は胃、肝臓、すい臓、胆のうのある部分をいいます。下腹部とは小腸、大腸などの消化管が収まる部分を言います。

皮下脂肪

女性の大部分のお腹の悩みは、下腹が出ることではないでしょうか。

この下腹の部分というのは比較的、皮下脂肪が蓄積しやすい部分なのです。それだけでなく内臓脂肪も溜まりやすくメタボ対策として肥満を見つけるためのメタボ健診では、腹囲の計測も行われ、病気の予備軍としての判断基準になっています。

対策

最近問題とされているのが内臓脂肪というもので、皮下脂肪よりも生活習慣病などの病気を引き起こす要因ともされています。 皮下脂肪との違いは、体内での燃焼の違いにあるといえます。

内臓脂肪は、運動などをした場合に最初に燃焼、つまりブドウ糖に変化し消費されていきます。皮下脂肪は、内臓脂肪が燃焼してきてなくなってくると、その次に燃焼・消費されていくのです。

このような事から運動で燃焼されやすく皮下脂肪は燃焼されにくい脂肪とされています。

内臓脂肪

普段服などを着ているときに見た感じでは余り太っては見えないのですが、全体を見ると肥満とは見えないのに、お腹だけ出ているという状態は、内臓脂肪型の肥満と言う事が多いのです。

この内臓脂肪というものは食事などの生活習慣によって簡単についてしまうものです。反対に言えば簡単についてしまう分、皮下脂肪に比べれば、落とすのも簡単といわれています。

運動

落とす方法の中でも運動と食事は非常に効果的で、中でも有酸素運動であるランニングやウォーキングなどが有効です。

しかし、膝に障害があったり腰が悪いなど簡単に実行できないと言う人にお勧めなのがプールでのウォーキングです。水中は足腰への負担が少なく、水が適度な負荷をかけるのでオススメです。ながれるプールなどがあれば逆に歩けば抵抗も増し、より効果的です。

目安として、週に2〜3日で1回に40分程度を続けることが出来れば効果的です。エネルギーの消費を増やし、体内に溜まるのを防いでくれるのは誰でも知っている事ですね。

食事

燃焼させるには運動が効果的なのはわかりました。それに合わせて体内に摂取するカロリーを減らせば、相乗効果が期待できます。それには、食事のカロリーを見直す事です。

女性の平均的とされる一日の摂取カロリーは約1800kcalぐらいと言います。勿論、1日の活動量にもより違うのは当然で、一般的な主婦と運動選手では違うのはわかると思います。

ですから、この辺は自分で加減して目安を見つけるのが良いと思います。1日の摂取量の目安がつけば、次にそれをどのように計算すればよいかという事になります。

食品交換表というのが有り、糖尿病の人が使う計算の表で、各食品のカロリーが細かく書かれているので、計算の目安として使うと良いでしょう。

対策

対策として有効なダイエットや運動ですが無理は良くありませんし、食事は必要最低限は必要ですから、ビタミン不足や鉄分不足にも十分注意して取らなければいけません。

ポッコリおなかは1朝1夕にはなくなりませんから、無理の無い範囲で、継続できる事を考えて、一歩一歩解消していきましょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター