定義

判定されるとそのペナルティや罰則と言うわけではないですが、半年の期間、医師や保健士の指導を受けなければなりません。

「特定健診・保健指導」と言うもので、メタボ健診といわれる厚生労働省が定めた健康診断のことです。 ですからその定義を良く理解してかからないようにしましょう。

判定

計るものは、血糖・脂質・血圧・喫煙のチェックで、腹囲で引っかかるといずれか2個、bmiで引っかかるといずれか3個以上機基準値を越えると半年間の医師や保健士の指導が待っているのです。

指導

罰則(ペナルティ)ともいえるもので、同一の担当者が半年間に渡り電話やメール、面接で指導した事が実行されているか管理をするということです。

指導で決められた運動や体操などをきちんとこなしているか、電話やメールで頻繁に聞かれると言う事です。半年後に再び腹囲などをチェックされだめなら再びペナルティがまっているのです。

メタボ健診のペナルティ(罰則)

これらの事を徹底させるためペナルティ(罰則)を予定しているようです。

保健指導というのはペナルティ(罰則)という意味合いのものではなく、あくまで本人のためのものと言う事なので、ココで言うペナルティ(罰則)とは企業の保険組合に科されるということです。

組合員が引っかかるなどのケースが多い場合、補助金の減額をするというもので、補助金が減れば健康保険料にも関係し、成績の悪い会社の健康保険料がアップする事も考えられそうです。

対策

判定されないような対策はあるのでしょうか?腹囲も測り方で大きく違うしおなかを引っ込めれば基準以下になる人もいます。でもこれでは子供だましの対策ですね。

検診項目である、中性脂肪の基準値を下げる方法は、きついですが20時間以上食べないこと、水分も控えることで数値はかなり下がるのです。2から3日前から脂っこいものを食べず食べ過ぎないようにすると良いでしょう。

血圧は、精神的なものでも変化が大きいので落ち着いて健康診断を受ける為にも時間に余裕を持って、健診の場所に行くことです。 喫煙暦の調査では、最近1ヶ月以内に喫煙したかというのが判定基準ですから、この期間喫煙すればクリアする事は出来ます。

意義

実施するのは、兆候を改善したり予防する事により、医療費の節約と言うところに有ります。その期間だけ一時的にクリアしても仕方のないことは皆さん承知の事と思います。

最も検査の前だけでも摂生するならしないよりましということも言えるのですが、自分の体のためですからそのあたりを良く考えてメタボ対策をしましょうね。

厚生労働省 メタボ健診| 血管年齢| 動脈硬化の原因| 血圧計のランキング| 高血圧症の原因






  • 楽天ウェブサービスセンター