カーテンの測り方

まず窓のサイズを測り、取り付けるサイズを決めなければなりません。

初めに、レールのカーテンを吊るす輪っかの所から、床までの長さを測ります。

ドレープ用とレース用のレールが共に同じ高さの場合には問題ありませんが、ドレープ用装飾レールとレース用のレールとなっている装飾レールの場合では、床までの長さがそれぞれで少々違いますので、間違わないようにその作り方には十分に注意しましょう。

腰高窓

「腰高窓」という、腰の高さくらい、大体1メートル位の高さから窓になっているようなタイプの場合気をつける長さは、下に机や棚を置かないのであれば、下枠より15センチくらい下に設定すると良いと言います。

仕上がりの大きさを正確に測ったら、次はそれに合わせて布地の裁断をしましょう。 作り方で気をつける丈は、上部の折り返しと裾の折り返しに必要な部分があることを考えて、採寸の丈プラス30から40センチ位を目安とします。

横幅については、ヒダの数や形態、細かいヒダか大きなヒダなどにより、窓の幅の2倍から4倍まで考えられますので、設計図をよく見て、ご自分の希望の形のサイズになるようにサイズを正確に測りましょう。

注意する事は柄ものを作る時です。柄物で作ったときにそのの合わせ目がズレているとせっかく素敵なデザインの柄を選んでも違和感の有る仕上がりになってしまうので、柄の合わせ目の作り方には細心の注意をしてください。

部分でも視線のいきやすい裾部分から柄を合わせるのが上手に仕上がるコツと言えます。

縫製

生地の裁断が終わったら、初めに生地の上部と芯地を縫い、三つ折にします。更に生地の脇も三つ折で縫います。

そして、ゴージャスさの決め手となる「ヒダ」を作り、裾を縫居合わせば、手作り品の完成となります。ポイントとしてヒダを作る時に、はぎ合わせた部分がちょうど隠れるようにすれば、仕上がりもより美しい作り方となります。

コツ

コツとして、横幅のサイズをぎりぎりの寸法にしないことです。蛇腹のように左右に折り込んでたたんであるので、その折り目によって縮みますのでサイズをぴったりに作ってしまうと、完成時の横幅がたりなくなってしまうのです。

ヒダを作るときに、レールのちょうどの長さにプラスしてあそびと言われる部分の長さを足すことを考えるのがコツといえます。

カフェカーテン

色々と調べては見たけれど手作りは難しくて、と思う方にはカフェカーテンをお勧めします。

どんなものかと言いますと、窓全部を覆うのとは違い、窓の途中などに目隠しとして目線の高さに取り付ける。ギャザーが寄せられたものに比べて丈が短いもののことです。つっぱり式のポールに通して窓枠に取り付けられることが多いです。語源はカフェテリアでよく使われていたことから、この名前がついたといわれています。

の種類は、「バランス」タイプといって窓の上部につけるものと、下部につける「ティアーズ」タイプの2種類があり両方セットになっているものもあります。

カフェカーテンは一般に「ティアーズ」タイプをさします。専用のクリップは、現在さまざまな種類が販売されていますし、カフェ用の布地は、初めからポールに通す穴がついている場合も多いので簡単に取り付けることができます。

クリップでなくアクリルのタブを使えば、若々しくカジュアルな印象になります。このように、がんばって手作りに挑戦してもいいですし、気楽にお部屋の模様替えも楽しいですね。

カーテン作り方 まとめ

部屋の印象を変えたいと思ったときに非常に重要なインテリアといえます。

ですからなにかのミスで、よれたりずれていたり、寸法が足りなかったりしていれば見た目が大変見苦しくなるため、製作には細かい注意が必要ですが、その分自分の希望通りに出来たお気に入りと共に暮らすのはとても嬉しいことですね。

好みにより風水を参考に取り入れたり、汚れたら洗濯(クリーニング)にも注意して、末永く使用出来るとよいですね。






  • 楽天ウェブサービスセンター