花粉症 メカニズム

花粉症の症状の対策に

花粉症のメカニズムを知り、対策には薬や食べ物、ヨーグルト・お茶など有り東京都も動いています。ヒスタミンの注射や減感作療法を行う病院も多く、市販薬もよくなっています。目や鼻でお悩みの人は花粉症の症状の対策を!

花粉症 メカニズム ヒスタミン

花粉の舞う季節、花粉症の人にとってはつらい季節だと思います。特に今年の花粉はいつもの3倍といいますからそのつらさは並大抵のものではありません。

ですから花粉症の症状の対策は欠かせないものですが、花粉症のメカニズムを知り対策を立てる必要があります。

一種のアレルギー症状ですからヒスタミンが関係しているといわれています。 時期がくれば治るから、その時までの辛抱なんていう人もいるけれど、花粉症のつらさは花粉症の人にしかわからない物です。

一つの花粉症のメカニズムとしてヒスタミンが出る原因の一つにストレスがあると言われています。いまや国民病とまで言われる花粉症は、ヒスタミンの放出が関係有り、花粉症のメカニズムとして、現代人の多忙な毎日はストレスのはけ口がなく、ストレスがたまればヒスタミンが出て花粉症が増える、発症すればそれがまたストレスになり、ヒスタミンがでる。つまり花粉症のメカニズムは、ストレスから来るヒスタミンとの関係が深いのです。


では、なぜヒスタミンと関係があるのでしょう。過度なストレスは身体に悪くそれを要因として起こる病気は数多くあるということは周知の通りですが、花粉症のメカニズムの一つであるヒスタミンの放出とストレスの関係も例外ではありません。

簡単に言うと免疫力が過剰に花粉という抗原に対して働く免疫異常で必要がないのにヒスタミンを放出するために起こるものです。 ストレスはこの抗原と似た様な働きをするため、ストレスを感じるとそれに対して免疫力が過剰に働きヒスタミンが出てしまうのです。

言い換えれば、その免疫力が過剰に働くことでアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質、ヒスタミンなどのを出しやすくしてしまうのです。

そのメカニズムとしてストレスが過剰にかかることにより、普段だったらなんでもない花粉の量でもその時は異常に反応して発症させてしまうのです。

今では子供から大人まで幅広い世代に広がっていますが、中でも働き盛りの30代から50代に集中しています。ご存知のように30代から50代は仕事など、中間管理職が多く上司と部下との板ばさみなどで最もストレスがかかりやすい世代です。

花粉症のメカニズムを一言で言うと免疫の過剰反応ということであり働き盛りの免疫力も体力もある世代に多く、逆に免疫力も体力も低い高齢者にはそれほど多くないということです。

このことからしますと、ヒスタミンを放出しない事は、まずストレスをためない事となりますが、感じ方やそれを解消する方法は人それぞれですが、自分の好きなこと、趣味にしていることなどを思い切りする時間を持ったり、スポーツをしたりして体を動かすのもストレスが解消できヒスタミンに対してに有効な方法です。

また「ユーモア療法」という、笑うことで解消する療法もあり、これはガン治療にも効果を発揮しています。

アロマテラピーで芳香浴やハーブティーを楽しむこともリラックスでき効果的です。

また十分な睡眠をとることはストレスをためないためには重要なことです。 自律神経のバランスを保つために遅くても夜12時前には寝るようにしたいものです。

花粉症の季節は症状がつらく、暗い気持ちになりがちですが、メカニズムを知り対策を立て自分なりのストレス解消法をみつけてヒスタミンを出さないようにすることが一つの対策といえます。

花粉症に⇒ ★花粉対策グッズを比較する★

製品をもっと見る
花粉症対策

花粉症 原因
花粉症 予防法
花粉症 治療
花粉症 食品
花粉症 体質改善
 
花粉症 ケア
花粉症 サプリ
花粉症 環境対策
花粉症 症状緩和対策
花粉症 グッズ
花粉症 対策