20代からの貯金

近年、一独身貴族等と呼ばれ気楽に生きて、連れ合いなんて要らないという男女が増えてきていると言われますが、独身でいても結婚しても「老後」は必ずやって来ますし、将来的に絶対しないともいえないので蓄えというものを少しは考えておいた方が良いと思います。

500円玉で貯金

「500円貯金」という方法があり、一人暮らしの間では最も行われていて毎日500円と決めてためている人も居れば、一日の終わりに財布の中身を見て500円玉があればそれを全部、出してしまうという人もいます。

この500円と言う金額がちょうど負担にもならないし、かといって意外と金額的にも貯まるので、意外と一人暮らしにお勧めです。

蓄えのコツ

景気がちょっとはよくなっているといわれますが、最近は何でも値上げで、上がらないのは給料だけという現状において、一人暮らしでというのも大変なのですが、その気になればためる方法はいくらでもあるのです。

小銭を貯める

まずは自宅で小銭をためてみましょう。といっても、銀行などに収入の中から毎月何万円もするのではなく、自宅で地道に小銭を貯め、ある程度貯まってから銀行に預ければ、もしものときでも対応できるので、初めてする場合は、ここから始めましょう。

財布の小銭をためていくのですから、これなら無理なくお金をためていくことがでると思います。

蓄えと節約

しかし、決められた収入の中では、「使わないこと」が一番の近道で、一人暮らしのOLや大学生で実現できている人は、節約してその分のお金をためるというのが最も人気の方法です

一人暮らしの現状

独身のうちからお金がたまるなんて聞くと、それができている人はきっと、よほど給料がいいのではと思うのではないでしょうか?

しかし現実には決して多くはない給料で食費や光熱費など様々な所で無駄を省き節約をしてコツコツ堅実している人も多くいますので、しようと思えば絶対にすることができるのです。

節約の方法

方法としてはまず、自分の給料の額から、毎月必ずかかり減らしようのない家賃や光熱費などを差し引いた金額、つまり生活費が残るわけで、減らすことができる部分は生活費が対象となるわけです。

このあたりから計算してためる時にはあらかじめ目標金額を決めておくと節約に対する意識が強くもてますので、堅実にしていくことができると思います。

結婚と蓄え

結婚してからすればよいなんて考えていていざ結婚して見ると思った以上にお金がかかりためるなんて夢のまた夢と現実には難しくなると思います。

結婚とは家族が増える事ですし、子供でも出来れば益々、支出が増えそれどころではなくなりますので、独身のうちにしっかりとためておくことが必要で、いざ結婚しましたとなった時に蓄えがないと毎月それどころか、がんばって節約しても赤字の生活が続くことにもなり兼ねないのが最近の現状なのです。

第一、蓄えも出来ない男性では女性は不安でついてはいけないでしょう。

コツコツ貯める

早くたくさん増やしたいからと、いきなり10万円とかしても生活が苦しくなったり、食べるものも食べないで体を壊しては元も子もなくなりますので、無理のない範囲で地道にコツコツが一番なのです。

貯金額

一人暮らしをしている人の中には、徹底的に節約を重ねて1年で100万円ためる事が出来たという猛者も居ますが、人それぞれと考え、例えば家庭の事情などで仕送りしている人の場合はそれなりに、あまり無理をせず続ける事が大きく貯めることになりますから長い年月をかけて少しずつ貯金していくようにしたら良いと思います。






  • 楽天ウェブサービスセンター