若さを保つ秘訣

若くいる事と美肌と健康は密接な関係があるといいます。健康なら体の老廃物もスムーズに排出され髪や肌は健康を保ちツヤツヤぴかぴかなはずです。老化の進行もゆっくりと進み、寿命も長いといえます。

つまり、素肌美人は若くて健康で長寿であるといえるのです。

若さと美女

それには体の中から健康になることが大切で、若さを保つ食材を取る事は長く健康で若々しくいられるということでしょう。そこで世界3大美女といわれるクレオパトラや楊貴妃、小野小町は、どのようなモノを好んで食べていたのでしょうか?

若さを保つ食材と小野小町

小野小町といえば平安時代の歌人ですが、世界3大美女の一人にも数えられています。その小野小町が選んだのは、カツオでした。

日本人にもなじみの深いカツオには体の酸化を防ぐビタミンEが豊富に含まれていてビタミンDといった子宮の発達を促しますから、小野小町はいつまでも女性として魅力的で健康で有ったのではないでしょうか。実際に90歳以上まで長生きしたといわれていますので、美しさを保つ事は若く健康でいられるということのようです。

楊貴妃

楊貴妃といえば唐の玄宗皇帝の愛妃であり、世界三大美女の一人としてあまりにも有名な楊貴妃が好んだのはライチでした。

ライチには美肌効果の高いビタミンBやC、葉酸が豊富に含まれ食物繊維も多いといいますから、このライチを食することで便秘も解消され、体に中もデトックスされていたと思われます。

便秘をしないということは腸内細菌も悪玉菌は少なく善玉菌が多いといえますから、健康で肌つやも良いられたのではないでしょうか。このようにライチも効果あるものといえそうです。

クレオパトラ

クレオパトラはハイビスカスティ−を好んで飲用したといわれています。ハイビスカスは不老長寿の秘薬で女性に美容には欠かせないものとされていたと言います。若さを保つ食材としてハイビスカスはビタミンCと鉄分やミネラルを豊富に含み美白、肌荒れ、クスミに効果があるといわれています。

ハイビスカスティーのレシピは乾燥させたハイビスカスの花びらをカップに入れその上にお湯を入れて5分ほどおきます。ハチミツやローズピップで酸味を和らげて頂きましょう。

直接のものではないのですが、クレオパトラの愛用したものにバラがあります。バラの風呂や香水などいつもバラの香りに包まれていたことは有名です。

バラの香りには精神安定効果があり、そのアロマ効果でストレスを溜めず免疫効果を高めていられたのでしょう。

このようにストレスを溜めず若さを保つ食材を上手に取り入れる事で、長く若々しくいられるのでしょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター