眉毛カット 男

お手入れとか整えるとか言うとなんだか女性の化粧みたいで、男には関係ないと思っている人もいると思いますが、最近は男でも身だしなみの一つ、相手の印象をよくするための手段としてサロンや自宅で眉毛をカットする人が増えています。

自分で切る道具がセットになった商品も出ていて、ハサミや眉ブラシ、クシがセットになっていて初めてする人には便利なものです。

かき方

まず簡単に整える事から始めます。クシを使用して、顔の外側に向かってとかしつけて整えます。整えましたら眉ペンシルで仕上がりをイメージしたラインを書きます。

描き方は、眉頭と眉山、眉尻の3点を抑えましょう。 眉頭は小鼻から目頭を通りまで真っ直ぐ伸ばしたところ、眉山は小鼻から目の黒玉のきわ(右なら右側左なら左側)を通った所、眉尻は小鼻から目の際を通った所になります。

眉毛の切り方

ラインから外れた所はピンセットで抜くのも良いのですが、抜くと生えてこなくなることがあり、その時その時で流行が変わったときに直せないので、剃る方が良いともいえます。

同様に刺青も面倒がなく良いのですが、良く考えてしましょう。抜いてよいのは、ペンシルで書いた所と大きく離れているところだけ、生えている方向へ抜いていきます。それ以外は、ハサミで切るかかみそりでそっていきます。

仕上げに眉ペンシルで書いた後を消すことを忘れないようにしましょう。

注意点

切るのは下からはじめるのが良いと言う事です。眉山の高い部分は残す方がバランスが良い事が多いのでココを起点に考え、下をから整えるほうがうまくいくようです。特にたくさん切るようなときには注意してください。

コツ

眉毛を切るコツと言えば、時折鏡から離れてバランスを見ると言う事です。するときは鏡に近づいて切ったり剃ったりしますが、鏡にくっついてばかりいると全体のバランスが見えないのです。

ですから少し整えては鏡から離れて、顔全体を鏡に映してバランスを取りながらするのがうまく整えるコツといえましょう。

ヘアサロン

自分で切ったりする人もいますが、慣れないうちはプロであるサロンで整えてもらいその感じを家でも整えるようにするのも良いと思います。専門のサロンもあるようですからそこでしてもらうのも良い方法です。

眉毛の整え方

手入れをしたことがなくて、切り方やかき方がわからないと言う男の人の整え方は、変なところに生えている毛をピンセットで抜くだけででも、印象は変わります。まず自分で整えたいと言う人はこの辺からやって見てはいかがでしょうか。

手入れ

お手入れは洗顔をしてからにしましょう。抜いたり剃るのは、毛穴や肌から細菌感染を起こしやすいので、清潔な状態で行う必要があるのです。

カラーや脱色

カラーをしたいとか色を明るくしたいと思う人もいますが、あまりお勧めできません。特に眉毛のカラーはしてはいけません。カラー剤は眼に入ると失明の危険もあると言います。

色をどうしても変えたいのなら脱色するほうが危険は少ないのですがこれもプロにしてもらうのが良いと思います。






  • 楽天ウェブサービスセンター