勉強と費用

看護師になるには、看護学校を出ることが必要で、東京や大阪といった大都市は勿論、沖縄から北海道まで設立されています。大まかに3つあり、すぐに思いつくのが専門学校ですが、他にも公立や私立もあるのです。

通信や夜間もあるのですが、昼間部の場合はどうなのでしょう。おおよその傾向ということで言わせて頂けば、専門が30万〜60万円、公立で50〜60万円、私立で150〜250万円、となるようです。

施設の比較

このように場所によりかなりの差があることがわかります。この差を大まかに比較してみますと、まず、公立や私立の大学を卒業すると看護師と保健師の両方の資格を得ることができます。

それに対して専門を卒業した場合は看護師のみ得ることが出来るのです。両者を比較しますと公立や専門に比べて私立では2倍以上の差がある事がわかります。

単純にかかる費用を比較しますとやはり費用が安く保健師までも手に入る国公立大学が最も人気が有り、偏差値も高く、狭き門であると思ったほうが良いでしょう。

資格を取得

資格を費用をかけずに取得したいとなれば国公立がその安さで候補になると思います。取得したくても通学範囲に施設がない場合や、公立大学に合格しなかった場合は私立大学ということになるかと思います。

専門を選んだ場合、保健師は取得できませんが、卒業してから保健師の施設に入学し資格を取得するという方法もあります。とりあえず看護師として社会人になり費用をためて今度は保健師という事も出来ます。

総合的に見て私立大学を卒業するよりは安く済む場合が多いのですが、全課程を修了するまでの期間がそれだけ長くなってしまうということがあります。この点に関しては、個人の事情や希望に違いがあると思いますので、この取得方法、通学方法が最良という答えはありません。

自分の現在と将来の方向をしっかり見据えて後悔することのない進路を選択できるようにしましょう。

費用を安く

基本的に、看学費に回すお金があまり無く費用をかけないように安くして資格を取得したい場合には、公立という方法があります。

公立の看護学校でということもあり、10万円程度という学費の中でも最も低い費用のものまであります。最も安くあげる方法ですのでやはり倍率は高く非常に狭き門となっています。

しかし、他の看護学校に比べ格安で取得できるのですから、費用はかけられないが、何が何でも目指すという方は、それなりの覚悟が必要ですが必死に勉強し公立を受験するという方法もあります。

最後に

このように卒業するまでの学費は、選び方や方法で大きく変わりますので、自分の経済状況や将来進みたい道に必要かというものをしっかりと考慮した上で、最適の進路を選ぶようにしましょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター