美容師の給料や年収

美容師の給料や年収は、テレビで活躍している人や原宿などの売れっ子美容師を見ると相当に割り良く見えるのではないでしょうか。でもきっと皆さんが思っているほどの給料ではないと思います。

美容師は一見、華やかで派手な仕事と思われているので、美容師の給料は良いのではと思われるかもしれませんが、厚生労働省が行った「賃金構造基本統計調査」によると、平均月収22.6万円となるそうです。とても多いとはいえませんね。

平均年収にすれば280万円、収入幅は180万円〜600万円位が年収となります。勿論男女あわせての平均です。

資格・国家試験

美容師になるには専門学校いわゆる美容学校にはいり、卒業して国家試験に合格して資格、免許を取ることが必要です。専門学校は、夜間や通信教育もあるのでその気があれば派遣社員でもしながら資格は取る事も出来ます。

美容師の給料も段階がありアシスタント(見習い)の時は、手取りで12万円〜15万円、スタイリスト(技術者)になると、手取り18万円〜22万円位のことが多いようです。大卒のサラリーマンやOLよりもかなり少ないといえるのではないでしょうか。

給料の中身

給料の体系は稼げばそれだけ収入も上がるという元々実力主義の世界ですから、内訳は基本給が少なく歩合給の占める割合が多いのも仕方ないことです。外国の例では、基本給はほとんどゼロと言うところもありそれだけでは生活できませんが、まさに実力の世界ということで、チップというのがあり見習いは給料よりもチップの方が多いと言います。

先ほどの美容師の給料の平均額が、意外に低いと感じる方も多いと思いますが、それには理由があるんです。まず、昔から女性の働く場としてきたため社会的に職業としての意識も高くはなかったのです。

昔は一家を背負う大黒柱となる男性の場合と違い、女性はそれほど優遇されてなくて、ちなみに理容師は同じ条件でも給料は良いのです

男性美容師

今でこそ男性は当たり前ですが、昭和中期くらいまでは、男性が美容院にいると珍しがって覗きに来た位です。美容学校も男性お断りや男性がいないなんて当たり前だったのです。

自分のときも男性は2割くらいでした。

美容師の給料が安いわけ

もう一つ低い理由は、離職率の高さにあります。

一つの所で長く働く人は少なく、辞めていく人が多いため、全体的に見ると典型的なピラミッド構造になります。ピラミッド構造とは、最下層の人数が最も多く、上になるほど人数が少なくなる構造のことです。

女性が多い職業のため結婚などを機会にやめたり、子育てのためにやめる場合も多いです。長年勤めないので収入も勤続年数が反映されないため安いと言えるのです。

仕事内容と勤務時間

しかし離職率が高いのはそれだけではないのです。職業としての内容と勤務のきつさにあります。一見華やかでスマートな職業に思われがちではありますが、実は職業としては仕事内容は結構ハードで体力を使う仕事なんです。

営業時間中は当然ずっと立ちっぱなしで、最近の若い人はどこでも座る習慣があるので我慢できない人もいるということです。

勤務時間

労働法でも決まっているので他の職業と大差ないのですが、そこは実力の世界、営業が終わると遊びにいくどころかカットなど技術の練習を店に残ってしなければなりません。

自分の分は自分で稼がなければならないのですから収入を上げるためには仕方ないのです。もちろん営業ではないので残業代は出ませんし、普段は1日8時間以上ずっと立ち続けなければなりません。

場合によっては自分の勤務が終わったからと行って、すぐに帰るわけには行きません。お客がいれば延長されることは珍しいことではなく、予定を立てられないという悩みも出てくるでしょう。

しかも休みは、大型店ならともかく個人店に就職したら週休2日なんて夢のまた夢です。

現状

人気店ともなれば食事も決まってあるわけでなく、暇を見つけて放り込む感じです。 休みもなかなか取れず、まさに体力勝負です。残業代もなくボーナスもない、立ちっぱなしで足はむくむは、シャンプーはバックシャンプーやオートシャンプーならまだしも、サイドシャンプーだと腰はボロボロで椎間板ヘルニアは職業病ともいえます。

パーマ液で肌が傷んでお湯でシャンプーして油の抜けた手をブローの時にはドライヤーでからからに乾かしてしまうので手もボロボロ、また、最初の1年位は見習いという事で、シャンプーや雑用だけで終わるし、収入もそれに見合ったもの、お客さんを出来なければ売り上げを出せないからです。

美容師になるためには

一人前になるまでは、遊びは勿論、恋や恋愛なんてするひまもないです。 ですから一見して華やかな世界を夢見て入ったものの現実は、想像以上にきついと言うのを知って辞めていくということになるのでしょう。

美容師になりたい方は、単なる憧れや華やかに部分を見るだけでなく収入など、ある程度の覚悟を持っておかないといけませんね。






  • 楽天ウェブサービスセンター