あかちゃんのおもちゃ 対応

おもちゃと一言でいいましても幅も種類も多く、月例や年齢によって成長に大きな差があります。ですから、その成長に合わせて安全に楽しめて、その成長を促進させる事が出来るような遊び道具を与えたいですね。

ゼロ歳児のあかちゃんのおもちゃ

一言でゼロ歳児と言いましても生まれたてからゼロ歳児くらいまでのあかちゃんのおもちゃはどれが良いでしょう。成長は著しくゼロ歳児と言っても、生まれたてとお座りが出来るあかちゃんとでは、おもちゃも違います。

まだ月齢が浅く寝んねの頃のあかちゃんのおもちゃは音や見て楽しめる、例えばガラガラやモービルが良いと思います。手で握ってその感触を楽しんだり、綺麗な音を感じれたり、眼に映る綺麗な色や形や動く物を眼で追うようなのがお勧めです。

お座りの頃のあかちゃんのおもちゃ

5ヶ月から6ヶ月になるとお座りが出来るようになります。寝ていたときと違いお座りができるようになりますと、両手で遠近の物を取ろうとしたり、両手で持って振り回したり、周りの音や動く物を見ることもより楽しくなって来る頃です。ですから、この頃は手で持って音が出せたり、噛んだりしても安全な製品が良いと思います。

はいはいの頃のあかちゃんのおもちゃ

お座りの時期から8ヶ月頃になると、はいはいをするようになります。行動範囲が今までとは違い広範囲になりますので目が離せない時期です。このはいはいの時期は、ごっこ遊びも出来るような製品が良いと思います。

たっちの練習も始まりますので、歩行やつかまり立ちの出来る押し車なども良いでしょう。ただし、行動範囲が広くなることを考え、転んだりぶつかったりしないように周りの環境には十分に注意してあげましょう。

赤ちゃんと玩具

1歳を越える頃になると歩く事も出来るようになり、益々色々な事に興味を持ち始めます。出来る遊びも増えて、大人の真似もするようになります。1歳半くらいからは上手に歩いたり、意味のある言葉を3語以上話す時期でもあります。

おもちゃもそれに合わせて、絵本を読んで聞かせたり、人形で遊んであげたり、クレヨンなどを持たせてお絵かきできるものも良いと思います。

あかちゃんのおもちゃで喜ぶもの

赤ちゃんの成長は想像以上に早いのです。日々の成長にあった玩具を与える事で、その成長もより良いものとなるでしょう。

たかが、おもちゃと思わずに慎重に選びたいですね。何も家の中で遊ぶだけではありませんし、デパートの売り場や赤ちゃん本舗等で購入するだけではなく、身近な素材、牛乳パックや余り布などで手作りの玩具でもむしろ手作りと言う心がこもった分、素敵な品となるでしょう。

外遊びも大切で、屋外で遊べるものも用意してあげましょう。 案外、自分で遊びを見つけて楽しんだりできると思います。

安全な道具を与えて、安全な道具や素材を預けて、遊び方は本人に任せるのも良い訓練と思います。






  • 楽天ウェブサービスセンター