男性用のショルダーバッグの人気

仕事では、ビジネスバックがあるけれど休日には出かけるときに持ち歩くわけにはいかないし、荷物もそんなに多くない、かといって財布に携帯電話に・・・とポケットに突っ込むと膨らんでかっこ悪いという事で、それらが収まる小さめの肩掛けかばん、いわゆる男性用のショルダーバッグに人気が出ていて色々と発売されているようです。

リュックでは、出し入れが不便ですが、ショルダーバッグなら電話が鳴ってもすぐに取り出せるということでしょう。一昔ならセカンドバッグを小脇に抱えて歩いてましたが、今は集金ではないのですから休日のカジュアルスタイルにはNGですね。

売れ筋の男性用のショルダーバッグ

売れ筋は、定番ともいえるリバーシブルタイプの男性用 ショルダーバッグでサイズも手ごろで真ん中から折り返して両面を使用できる優れものです。これなら着る物にあわせて使い分けられ人気があります。

財布と電話が入ればよいという人にはポシェットが人気でどちらも皮製のため手入れはたまにワックスを塗るくらいで使い込むほどに味が出ると人気を呼んでいます。

渋谷にある革製品の専門店ヘルツの商品で、価格は安いとは言えませんが何年も使用でき、女性もそうですが、男性でも便利な革のポシェットや小型のショルダーバックを販売している老舗です。

大人の革道楽というだけあって、こだわりのある人や人よりおしゃれでありたいという人にぴったりのショルダーバッグがそろっています。

バジェックスのショルダーバック

バジェックスは、約30も沢山ポケットがついていて、機能性の高さで有名です。ビジネスバックとしては有名なBAGGEX(バジェックス)ならではの実用性とブランド品としては価格も手ごろなところが良いのでしょう。

須田帆布のショルダーバック

シンプルなものが良いと言う人には、須田帆布がおすすめです。帆布製で学生など若いおしゃれな人に人気があり、単行本も入る大きさが手ごろでポケットはフラップ下にファスナー付が1つとインナーに2こ、背面に1個の計4個というシンプルさが受けています。

バイオ加工の『 須田帆布オリジナルの生地 』 を使用し、バクテリアを使って部分脱色させることで、ストーンウォッシュのような表情が出て、独自の風合いや使いこなした柔らかな手触りが楽しめるということです。

ノマディック(NOMADIC)の ワイズウォーカー(WISE WARKER)

ノマディック(NOMADIC)の ワイズウォーカー(WISE WARKER) 2WAYバックなど光沢のあるターポリン素材を使って、ポシェットやウエストバッグにも使用でき、価格も手ごろで耐久性もあり人気です。

テント地のような素材は耐久性もあり、ポケットも豊富で中が見やすいように明るい色を使用したものもあり使い勝手の良いショルダーバッグといえるでしょう。

財布に携帯、ペットボトルや文庫本など持ち歩くものは人それぞれですから選ぶときには、自分が普段持ち歩くものを想定して実際にサイズを確かめて見ると良いでしょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター