ana カードの比較

比較をして見た事がありますか。単にanaカードといいましても、一つではなく使用目的に合わせて色々な種類を選ぶことが出来るのです。

例えば一番一般的なもの、次に「マイレージ クラブ」、更に「マイレージクラブ プラス 多機能」と呼ばれるものがあるのですが、それらをみていきたいと思います。

サービス内容

その契約の種類によってそのサービス内容は、違ってきていますので、自分の使用目的に合ったものを選ぶことが重要です。

初めに一般的に「anaカード」と呼ばれているもので調べる事は、「本会員や家族会員の年会費がどのくらいかかるのか」、「ボーナスマイルはどう溜まるのか」、「クレジット会社のポイント移行換算料はいくらになるのか」、「自動付帯保険最高補償額はいくらになるのか」などがありますが、さらに詳しく見ると「一般」「ワイド」「ワイドゴールド」に分かれています。

年会費

例えば、基本とも言えるものですが、本会員の年会費は、初年度は無料になり次年度からは、2100円となっています。本会員と同時申し込みした場合の家族会員ならばという限定付きで、初年度は無料となり次年度からは1050円となっています

ボーナスマイル

入会時や継続をしたときには、千マイルが追加されて、その後は飛行機に乗るたびに、乗った区間に10%プラスというボーナスが付きます。

ポイント移行換算料は、千円で1ポイントのクレジットポイントが、10〜5マイルに換算されているようです。

カード比較 保険

「自動付帯保険最高補償額」は、海外旅行傷害保険及び国内航空傷害保険として最高補償額1千万円となっていますが、注意する事は国内旅行傷害保険はついてません。しかし、クレジット機能はついています。

種類

「ワイド」や「ワイドゴールド」は一般のものと比べると、会員年会費、ボーナス、最高補償額の設定が高くなっているカードと言えます。

マイレージ

年会費が無料となっているのが「マイレージクラブ」で、とりあえず作っておいて使わないでいても年会費がかからないので、あまる使用しないという人でも安心です。ですからこれを作る人は単純に貯めていきたいという方に向いているものと言えます。

マイレージ 多機能

また「anaマイレージクラブカードプラス多機能」は、携帯しているクレジット会社のサービス機能がついているということで、「anaマイレージクラブ」ではちょっと物足りないと感じられる方に向いています。1枚で色々なサービスが付いていれば何枚も持ち歩くわずらわしさがなくて便利です。

例えば「みずほマイレージクラブ」は、生体認証機能付きICキャッシュ機能、クレジット(UC MasterCard)、ANAマイレージクラブ、電子マネー<Edy>を1枚でご利用いただくことが可能で年会費無料となっています。

マイレージ 特典

搭乗したマイルを貯めておいて、それを航空券と引き換えたり、ショッピングにも利用でき、またそのクレジットの利用ポイントがマイルに交換でき、近頃は陸マイラーという言葉もあるように上手に利用して貯めている人もいるようです。

このように見てみると生活一般には便利と言えるでしょう。






  • 楽天ウェブサービスセンター